マッチングアプリの選び方

60代・シニアが実際に出会えるおすすめマッチングアプリ5選!熟年婚活サイトとの違いは?

マッチングアプリ 60代

60代のマッチングアプリの利用まとめ

  • 60代でマッチングアプリを利用すると時間をかけずに異性と出会える
  • 60代でマッチングアプリで利用する際は「同世代の登録者が多いアプリ」や「利用目的が合っているアプリ」を選ぶようにすると出会う確率が上がる
  • 取り急ぎ使ってみたい方は「マリッシュ」・「Match」・「Ravit」がおすすめ

「60代でマッチングアプリを利用して出会いを求めるのはありなのかな?」

「いざ登録しても同年代の利用者がいないんじゃないか…」

「アプリの操作やどのようにやり取りしていいのか、そこからわからない…」

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?また、ネットを通じた出会いに抵抗がある方も多いでしょう。

はじめに、マッチングアプリを利用している60代の方は数多くいます。例えば若年層向けの「Pairs」で60~65歳のユーザーを検索したところ「3,000人以上」ヒットしています。

60_65歳のユーザー数

また、ユーザー年齢層が高いマッチングアプリや出会うためのサポートが充実したものもあるため、利用方法次第で素敵な出会いがあるでしょう。

この記事では、以下の内容をお伝えしていきます。

この記事を読むと、60代の方が実際に出会いやすいマッチングアプリを見つけやすくなります。

さらに、初めてマッチングアプリを利用する方に向けてメリットや選び方、婚活サイトとの違いを解説しています。

この記事を読み終える頃には、安心してマッチングアプリの利用を始められるでしょう。

60代の出会いならマッチングアプリがおすすめ!

60代がマッチングアプリを利用するメリット
新しい出会いを探している60代の方には、マッチングアプリの利用がおすすめです。

その理由は主に2つあります。

  • 多くの60代の方は普通に生活をしていても新しい出会いが少ない
  • 昨今の熟年離婚の増加や感染症の関係で、60代の方のマッチングアプリの利用者は増加傾向にある

シニア世代は仕事をリタイアして老後を過ごし始めると、出会いは少なくなるでしょう。新しい異性出会おうとした場合は、パーティーや交流会など時間と費用をかける必要があることが考えられます。

また仕事勤めをしていたとしても、周囲は若い人ばかりで恋愛の対象として見れない方も多いと思います。

しかし、マッチングアプリなら同じ世代の方とメールでコミュニケーションが可能です。また、趣味や価値観の条件を設定して相手を検索できるため、好みが合う相手を簡単に探せます。

なお、60代がマッチングアプリを利用するメリットは以下の通りです。

ここからは、それぞれのメリットを詳しくみていきましょう。

出会いの機会や場が多くなる

マッチングアプリを使うことで、シンプルに出会いの場が増えます。

一般的にシニアの方はサークルやイベント、愛好会など趣味を通じて知り合う機会が多いです。しかし、このような場に行くことは時間と労力が必要になるため、どうしても頻繁に参加できるものではありません。

また趣味の会を通じて出会いがあったとしても、住んでいる地域がかなり離れていたり、年齢が違い過ぎたりしていると、距離を縮めるには厳しいでしょう。

しかしマッチングアプリを利用すると、これらの不便を解消できます。基本的にスマホ一つでやり取りするため、自宅にいながら出会いの数を増やせます。

また検索機能を利用すると、自身の住んでいる地域内で世代も近い異性を選ぶことも可能です。

上記を考慮するとマッチングアプリは「最低限の労力で出会いの数を増やしたい方」におすすめです。

時間や場所を気にせず利用できる

マッチングアプリはスマートフォンやパソコン上で使えるため、場所や時間を気にせずに利用できます。

イベントやサークルなどのように日時や場所が決まっていないため、自身の都合に合わせてお相手を探せます。例えば自宅で就寝前のスキマ時間や、お昼のお茶をする時間などマイペースに相手探しが可能です。

そのため、仕事が忙しく時間が取れない方も、自宅で自身とマッチする人を手軽に見つけられます。

上記を踏まえると「時間や場所に縛らず出会いを探したい方」におすすめです。

条件を確認して相手を吟味できる

マッチングアプリでは、条件を確認して相手を吟味できる点も大きなメリットです。

マッチングアプリには「プロフィール」が設定されているため、お相手の好みやバックグラウンドをある程度把握した段階でやり取りを始められます。

実際に会った段階で「条件に会わない」と知るのと、事前に知った上で交流するのとでは時間効率が大きく変わります。

例えばサークルやパーティーで趣味や仕事を通じて異性と出会えたとしても、どのようなバックグラウンドの方かわからないでしょう。住んでいる地域や結婚歴、年齢などは会ってから徐々に知っていきます。

いいなと思った方でも、話を進めて行くと最低限の条件が合わないとなると時間の無駄になってしまいます。

これらを考慮するとマッチングアプリは「時間効率を考えて相手を探したい方」におすすめです。

60代(シニア・高齢者)向けのおすすめマッチングアプリ5選

アプリ5選
60代(シニア・高齢者)向けのおすすめマッチングアプリは以下の 6種類です。

アプリ名 Match マリッシュ Ravit Youbride Pairs
会員数 187万人 非公開 非公開 180万人 1,000万人
目的 婚活 ・恋活
・婚活
・恋活
・婚活
婚活 ・恋活
・婚活
年齢層 20代~40代 30代~50代 20代~30代 30代~40代 20代~30代前半
男女比 6:4 5.5:4.5 4:6 7:3 7:3
男性料金 1,690円~/月
※契約期間・プランにより変動
3,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
3,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
2,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
3,590円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
女性料金 1,690円~/月
※契約期間・プランにより変動
無料 無料 2,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
無料
※一部有料プランあり
運営会社 Match.com, L.L.C. 株式会社マリッシュ 株式会社キャンバス 株式会社Diverse 株式会社エウレカ

それぞれのアプリの特徴について詳しくみていきましょう。

Match

マッチドットコム

アプリ名 Match
目的 婚活
年齢層 20代~40代
男女比 6:4
男性料金 1,690円~/月
※契約期間・プランにより変動
女性料金 1,690円~/月
※契約期間・プランにより変動

ポイント

  • 海外発祥のマッチングアプリで、世界各国で展開されている大手サイト
  • 世界一の会員数を誇るマッチングアプリサイト
  • プロフィールにも審査があり安全性が高い

Matchはアメリカ発のマッチングアプリで、登録者数が業界で世界一といわれており、ギネス認定もされています。

ギネスブック公認、世界最大(注1)の恋愛・結婚マッチングサイト
注1)comScore Media Metrix、2005年11月調べ 2005年ギネスブック公認

日本の登録者数も187万人以上で、多い部類に入ります。登録者数が多いということは、それだけ普段出会えない人とも出会える可能性が大きいでしょう。

60代がマッチドットコムを利用する場合、デメリットになるのはまず「メインの年齢層」です。Matchを利用する方の多くが、30代~40代です。

しかし、メインの利用年齢層は30代~40代であって、60代が一人もいないというわけではありません。Matchは若年層よりは中高年が多く、50代以上の方も一定数います。

また、AIによるあなたと相性のいい相手を自動選別してくれる機能もあるため、条件の合う異性を見つける手間が省ける点はメリットです。

Matchは「多くの会員からマッチする相手を探したい方」や「どのように検索したらいいかわからない方」におすすめです。

マリッシュ

マリッシュ

アプリ名 マリッシュ
目的 婚活
年齢層 30代~50代
男女比 5.5:4.5
男性料金 3,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
女性料金 無料

ポイント

  • ユーザーの年齢層が30代~50代と60代に近い世代のユーザーが多い
  • 再婚を目指しているユーザーが多い
  • 離婚歴や子持ちに対する理解があるユーザーが多い

マリッシュは、30代~40代以降の利用者が多い傾向にあります。そのため、出会いに対して真剣に取り組んでる方が多いと言えます。

60代の方がマリッシュを利用する場合のデメリットは、サポート機能が少ない点です。お相手を検索する際はすべて自身で行う必要があるため、アプリの操作に慣れていない方は不便を感じる可能性があります。

一方でメリットには、再婚者に関する理解があるユーザーが多い点が挙げられます。マリッシュには以下のような再婚希望者への理解を表明できる「リボンマーク」があります。

シンママ・再婚活応援リボン
再婚を希望している方は、上記マークがある方にアプローチすることで気兼ねなくマッチングできるでしょう。

マリッシュは「一緒に再スタートを切れるパートナーを探したい方」におすすめです。

Ravit

Ravit(ラビット)

アプリ名 Ravit
目的 恋活 / 婚活
年齢層 推定2万人
男女比 4:6
男性料金 3,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
女性料金 無料

ポイント

  • 2021年時点で結婚・交際報告数No1
  • AIが学習しながら条件や好みを反映した相手を提案してくれる
  • Facebookアカウント情報を元に登録するため安全性が高い

Ravitは真面目な出会いを求めている方に人気のアプリで、2021年時点で結婚・交際報告数No1となっています。

60代がRavitを利用する観点でデメリットは、Facebookが登録の際に必須になる点です。SNSに不慣れな方は登録する際に、困ってしまう可能性があります。

しかしこの点に関しては、業者やサクラの介入を防ぐことにつながるため、安全性の観点からはメリットと言えます。

他のメリットには、AIエージェントによる自動マッチング機能が挙げられます。この機能を利用することで、初めてマッチングアプリを利用する場合でも快適に利用できます。

例えば、AIのサポートには以下のようなものがあります。

サポート 内容
プロフの提案 載せる写真のコツや効果的な自己紹介文を提案してもらえる
話題の提供 相手と盛り上がりやすい話題を提案してくれる
マッチング相手の仲介 マッチングしやすい相手を探して自動でいいねを送ってくれる

Ravitは「安全性の高いマッチングアプリを利用したい方」や「AIにサポートをしてもらいながら進めたい方」におすすめです。

Youbride

youbride(ユーブライド)

アプリ名 Youbride
目的 婚活
年齢層 30代~40代
男女比 7:3
男性料金 2,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
女性料金 2,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動

ポイント

  • 他のサービスと比較して高年齢の会員が多い
  • 男女ともに同額の利用料がかかるため、女性ユーザーも本気度が高い
  • 真剣に婚活をしているユーザーが多い

Youbrideは、真剣に婚活している比較的年齢層が高い方が多いマッチングアプリです。実際に「都内在住の60歳上の女性」を検索すると50名以上の方がヒットします。

Youbrideのデメリットは、写真掲載率が比較的少ない点です。お相手の基本的な情報だけでなく、顔写真も確認しておきたい場合は不便さは否めません。

一方でYoubrideは会員費用がリーズナブルな点がメリットです。マッチングアプリは月額4,000円前後が相場になるため、月額2,400円で利用できるのはお得度が高いです。

また、安全性が高い点も大きなメリットといえます。公式サイトでは以下のように宣言されています。

youbrideでは、悪質ななりすまし業者を完全に撲滅するべく、「サクラゼロ宣言」を掲げ、より安心安全なサービスを目指して運営しております。

まだマッチングアプリの利用に慣れていない方にとってサクラや業者の判断はつきにくいものです。そのため、事前に対策をしてくれてるアプリは非常に安心感が高いと言えるでしょう。

Youbrideは「あまりお金をかけずに安全にパートナーを探したい方」におすすめです。

Pairs

ペアーズ

アプリ名 Pairs
目的 恋活 / 婚活
年齢層 20代~30代前半
男女比 7:3
男性料金 3,590円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
女性料金 無料
※一部有料プランあり

ポイント

  • 会員数が国内最大級の1,000万人以上
  • コミュニティが多く趣味や価値観が合う人を見つけやすい
  • 恋人から始めたいユーザーが多い

Pairsは、マッチングアプリの中で最も国内会員数が多く知名度が高いアプリです。結婚前提ではなく、恋人から始めたいユーザーが多い点が特徴となります。

60代がペアーズを利用する最大のデメリットは、会員数が多いためライバルが多くなる点です。また、比較的メインユーザーの年齢層も低い傾向にあるため、60代の会員数比率も低くなります。

しかし会員数の母数が非常に多いため、絶対数で見ると60代のユーザーも多いです。実際に60~65歳のユーザーを検索したところ「3,000人以上」ヒットしています。

60_65歳のユーザー数

また、ペアーズでは好みや価値観を示せるコミュニティも多くあるため、事前に価値観の合う方を判断しやすいです。年齢に関する価値観を示すコミュニティも多くあるため、よりあなたに合いやすい人を見つけられるでしょう。

年齢に関する価値観を示すコミュニティ

Pairsは「より多くのユーザーの中から価値観の合う方を探したい方」におすすめです。

60代(シニア・高齢者)向けマッチングアプリの選び方

60代の方がマッチングアプリを選ぶ際のポイント
60代の方がマッチングアプリを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

上記項目を確認しておくことで、失敗せずに理想の相手を見つけられる可能性が高まります。

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

同年代の在籍者が多いアプリか

マッチングアプリを選ぶ上で大事な点として、同年代の方が利用しているかどうかが挙げられます。

せっかく登録したとしても、あなたの年代とあまりにかけ離れた利用者が多いと、理想の相手は見つけにくいです。

同年代が多いマッチングアプリを利用すると、以下のようなメリットがあります。

  • 価値観や話す内容が合うため出会える可能性が高まる
  • 昔話や思い出話に花が咲きやすい

なお、同年代が多いかどうか調べるには、下記のような調べ方があります。

  • 公式サイトで調べる
  • 利用者の口コミをSNSで確認する
  • 実際に試しに登録してみて様子を見る

無料会員でもどのようなユーザーがいるか確認できるサービスが多いため、一度登録してみることをおすすめします。

利用目的に合ったアプリか

利用予定のマッチングアプリが、あなたの利用目的に適しているかどうかも知っておく必要があります。

その理由は以下の通りです。

  • 恋人作り、友達作り、婚活など、アプリごとに主要な利用目的は異なる
  • 目的が合致すると、理想の相手と出会える可能性が高まる

自身の利用目的とサービスの特徴が合っているかどうかは、公式サイトを見ることで確認できます。どのような訴求点を推しているか見るのがポイントです。

マッチングアプリの種類について詳しく知りたい方は「内部リンク:マッチングアプリ 種類」も参考にしてください。

料金システムはわかりやすいか

マッチングアプリを選ぶ際は、料金システムが分かりやすいかどうかも確認しておきましょう。マッチングアプリは基本的に無料で利用できますが、実際に会うとなると有料会員になる必要があるケースが多いです。

基本的には、月額制のサービスの利用をおすすめします。細かい機能を利用する際に都度課金が必要になるサービスを利用すると、知らない内に費用が嵩むことも珍しくありません。

料金システムが分かりやすいことで、無駄な費用を払うリスクが減ります。

マッチングアプリを登録する際は、公式サイトで料金を確認してわかりやすいと感じるものにしましょう。

60代向けマッチングアプリに関するよくある質問

60代で無料で利用できるアプリはある?

マッチングアプリによっては、男女ともに有料であるケースもありますが、60代の女性が無料で利用できるものもあります。

例えば、下記のようなマッチングアプリでは女性は無料で使えます。

  • マリッシュ
  • Ravit
  • Pairs

注意点として、男性が完全無料で利用できるマッチングアプリは残念ながら2021年3月時点では存在しません。実際に会うためには、どうしても有料機能を使う必要があります。

マッチングアプリと熟年(シニア)婚活サイトの違いは何?

マッチングアプリと熟年(シニア)婚活サイトの違いを下記にわかりやすくまとめてみたので、ぜひご参考にしてください。

ジャンル 特徴
マッチングアプリ ・まずは恋人から始めたい方が多い
・女性のみ無料で利用できる場合が多い
・利用者は20代~50代以上と年齢層が広い
熟年(シニア)婚活サイト ・結婚を前提とした出会いを求めている方が多い
・男女共に利用料金が発生する場合が多い
・熟年(シニア)向けのため利用者の年齢層は高い

どちらも一長一短があるため、自身の利用目的や本気度を考慮して合う方を選ぶことをおすすめします。

【まとめ】60代が出会いを求めるならマッチングアプリがおすすめ

まとめ
ここまで60代の方がマッチングアプリを利用するメリットやサービスを選ぶポイントを紹介してきました。

以下で改めてここまでの内容をまとめていきます。

マッチングアプリは、決して若年層向けのサービスではありません。選び方次第で、シニアの方もマッチングアプリを通して素敵な出会いを期待できるでしょう。

ここまで紹介した60代におすすめのマッチングアプリを改めて確認したい方は「60代(シニア・高齢者)向けのおすすめマッチングアプリ5選」を参考にしてください。

  • ※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。
  • ※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。
  • ※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。
  • ※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。
  • ※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。