マッチングアプリの基礎知識

マッチングアプリの出会いとは?サイトの仕組みや出会い系との違いを解説!

マッチングアプリ とは

マッチングアプリの概要まとめ

  • 男女がネット上で異性と出会い、恋人や結婚相手を探すことを目的としたサービス
  • マッチングアプリと出会い系は大きく異なる
  • 料金は月額制が基本
  • プライバシーに関しても守られており、安全性も高い

「マッチングアプリを使ってみたいけれど、出会い系のイメージもあって利用するのが不安…」

「危険な人や業者の人と関わるようなことがないか怖い…」

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?スマホ一つで、簡単に異性と出会えるのかと疑っている方も多いと思います。

この記事では、男女の出会いに特化したマッチングアプリがどのようなサービスなのか、以下のポイントに分けて詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、マッチングアプリとはどのようなサービスか1から理解できるため、納得して利用できるようになります。

また、記事後半ではおすすめのマッチングアプリも紹介しているのでぜひ参考にしてください。

マッチングアプリとは?

マッチングアプリとは、基本的には男女が出会うために利用するサービスです。

広い意味ではビジネスパートナーや趣味友を探すことが目的のサービスもありますが、一般的には恋活や婚活を目的とした異性を探すアプリを指すことが多いです。

はじめに男女が出会うことを目的としたマッチングアプリについて、以下の内容を解説していきます。

マッチングアプリを利用して、実際どのように異性と出会うのかイメージできない方はぜひ参考にしてください。

利用目的

マッチングアプリの利用目的は、大きく分けて3種類あります。それぞれの利用目的と、対象となる出会いの目的を持った方について以下でまとめたので、参考にしてください。

利用目的 対象 サービス例
恋活 まずは恋愛から始めたい方 ・Pairs
・omiai
婚活 結婚を前提にお付き合いしたい方 ・Ravit
・Match
デーティング フランクに遊び・デートを楽しみたい方 ・Dine
・aocca

上記のようにマッチングアプリごとでメインの利用目的が異なります。自身が異性とどのような目的で出会いたいのかをあらかじめ決めておき、目的に合ったサービスを選びましょう。

マッチングアプリの利用目的についてさらに詳しく確認したい方は「マッチングアプリの種類まとめ!異性との出会いを目的としたアプリを5つに分けて紹介!」をご覧ください。

出会うまでの過程

マッチングアプリを利用して、異性と出会うまでの大まかな流れは以下の通りです。

出会うまでの過程

サービスによって出会うまでの過程は多少異なりますが、基本的な流れは同じになります。

マッチングアプリの仕組み

ここからは、マッチングアプリの仕組みはどういったものなのかを見ています。具体的には、以下3つの側面から解説していきます。

マッチングアプリに興味はあるけれど安全面の観点から利用を躊躇している方でも、仕組みを理解できれば安心して利用できるようになるでしょう。

料金システム

マッチングアプリの料金システムは、基本的に月額制が適用されることが多いです。しかし、男女間や細かい機能によって料金が異なるため、以下に分けて詳しく見ていきます。

  • 男性会員と女性会員の費用相場
  • 月額料金制
  • 課金制

ある程度の料金感を掴むためにも、料金システムはしっかり確認しておく必要があります。それでは詳しく見ていきましょう。

男性会員と女性会員の費用相場

マッチングアプリの料金は、男性会員と女性会員では費用相場が異なります。それぞれの会員の費用相場を、下表にまとめました。

性別 料金相場
男性会員 4,000円前後
女性会員 0円
※一部サービスでオプションを利用した場合は3,000円程度

男性のみを有料とするサービスが多いのは、お金をかけてでも理想の相手を探したい本気の方に利用してもらいたい意図があります。

体目的や遊び目的の男性会員をふるいにかけることで、サービス自体の評価が高まり、女性の会員数も比例して増える可能性が高くなります。

また、会員数の男女比を均等にする狙いもあるでしょう。多くのサービスでは比較的男性会員の方が多い傾向にあるため、女性会員を無料にすることで女性の利用者を増やしたい意図があります。

上手く料金バランスを取ることで、男女の出会いの機会が増えていく仕組みになっていると言えます。

月額料金制

月額料金制とは、1か月いくらと決められた料金を利用者が支払う形式で、決められた機能を自由に利用できるシステムです。

先述の通り、多くのマッチングアプリが基本的には「月額料金制」を採用しています。

例えば有名サービスの「Pairs」は、有料会員として男性は月額3,590円(税込)で利用できます。無料でも登録はできますが、実際にメッセージをやり取りする場合は有料会員になる必要があります。

月額料金制の会員に登録した際に気をつけておきたい点は、解約のタイミングです。多くのサービスでは、自動更新が適用されるため理想の相手が見つかった段階で早めに退会する必要があります。

そのまま放置していると、利用していないにも関わらず料金が毎月発生してしまうため損をします。毎月の引き落とし日は正確に把握しておき、期日前に解約するようにしましょう。

課金制

マッチングアプリの課金制とは、メッセージを送ったり多くのユーザーにプロフィールを見てもらったりしたい際に、必要になるポイントをその都度購入するシステムです。

例えば「Pairs」では、課金して購入したコインを利用することで「ブースト機能」を利用できます。この機能を利用することで、一定時間プロフィールが多くのユーザーに目がつく箇所に表示されます。

課金制を利用するメリットは、効率よくマッチングアプリ内で異性とマッチングできるようになる点です。できるだけ多くのユーザーと関わったり、短時間で理想の相手を探したい場合は非常に便利な機能と言えます。

メリットが多い課金制ですが、うっかり利用しすぎてしまうと想定外の出費になるため、上限はあらかじめ決めてから利用しましょう。

安全性

マッチングアプリは出会う相手を選別して利用する上では、安全性が高いサービスです。

安全性が高いという理由として、本人確認をしないと登録ができないものが多い点があります。マッチングアプリの中には、入会する際に身分証の提示が必須であるものが多いです。

中には身分証の一部を塗りつぶしたり指で隠すことを禁じているものもあります。ここまで徹底することで身分証の偽造を防ぎ、サクラや業者といった悪質ユーザーが入り込みにくくしています。

しかし、残念ながらすべてのサービスが安全というわけではありません。登録前に確認したいポイントを押さえておき、サービスを選ぶことが大切です。

安全なマッチングアプリの見分け方について詳しく知りたい方や、おすすめのアプリについて知りたい方は「【比較】女性も安心の安全性が高いマッチングアプリおすすめ7選!危険な人やサクラが少ないアプリを紹介!」も参考にしてください。

プライバシー

マッチングアプリでは、プライバシーに関しても守られているため、友人や知人にバレる心配も少ないです。

登録時にFacebookと連携した場合でも、自身がマッチングアプリに登録したことはFacebookの友人に共有されることはありません。

マッチングアプリの中には、プライバシーの保護を更に強化できる機能があるものもあります。例えば「Pairs」では、オプションでプライベートモードを使用することができます。

この機能により、以下のような表示がされなくなります。

  • コミュニティ一覧や検索結果に自身が表示されない
  • 訪問相手に足跡がつかない
  • いいねした相手やマッチングした相手にのみプロフィールが表示される

本当に自身が関わりたいユーザーにのみ情報を開示したい場合は、有用な機能と言えます。

マッチングアプリと出会い系の違いは?

マッチングアプリと出会い系の異なる点として、以下の3点が挙げられます。

上記の違いを知ることで、より安全に異性と出会えるマッチングアプリを選べるようにようになります。

反対に出会い系サービスと知らずに登録してしまうと自身の理想とする出会いができなかったり、せっかく登録したのにお金や時間を無駄にしてしまう可能性が高くなります。

恋活・婚活目的か遊び目的か

マッチングアプリと出会い系の違いとして「恋活や婚活目的での利用か」「遊び目的の利用か」が挙げられます。

マッチングアプリは、真面目に恋人を探す「恋活」や結婚を視野に入れた出会いを求める「婚活」を目的としています。一方で、出会い系は軽い遊び目的で利用する方の多いことが特徴です。

なお、両者どちらの目的でサービスが運営されているのかは、実際に登録してみるとすぐにわかります。具体的には、アダルトなコンテンツやコミュニティが存在しているかどうかで判断できます。

また登録することに抵抗がある場合は、サービスの評判や口コミをSNSなどで確認することでも判別可能です。

月額課金制か都度課金か

マッチングアプリと出会い系の異なる点の一つとして、月額課金制か都度課金であるかどうかが挙げられます。

マッチングアプリは月ごとに決められた額を支払う月額課金制、出会い系は必要なポイントを必要なタイミングで購入していく都度課金であることが多いです。

都度課金の出会い系では、相手のプロフィールを見たりメッセージを送るたびにポイントが必要となります。つまり機能を利用するごとに課金が発生し、知らない内に高額が請求されるケースも珍しくありません。

細かく料金が発生するポイントがないか、登録前に確認してみましょう。

安全性の高さ

マッチングアプリと出会い系の違いとして、安全性の高さも挙げられます。この点を混同しているため、マッチングアプリが危険でないか不安になることが考えられます。

具体的に安全性の高さがどのような点で異なるのか、下表にまとめました。

安全性 マッチングアプリ 出会い系
サクラが多いか 少ない 多い
業者が多いか 少ない 多い
既婚者は登録できるか できない場合が多い できる
本人確認は必須か 必要な場合が多い 不要な場合が多い
運営会社 知名度の高い会社も運営 知名度の低い会社が運営

例えば、先述の料金システムを見てもマッチングアプリは月額制であるため、サクラを仕込んでメッセージの量を増やす手法は取れません。

このようにマッチングアプリは、出会い系と安全面の観点で大きく異なると言えます。

マッチングアプリのメリット・デメリット

マッチングアプリのメリット・デメリット

メリット一覧

マッチングアプリを利用するメリットとして、以下のような点が挙げられます。

また、マッチングアプリ以外の出会い方と比較したメリットを下表にまとめました。

マッチングアプリのメリット表

それでは、マッチングアプリを利用するメリットについて詳しく見ていきましょう。

時間とお金を節約できる

マッチングアプリはスマホが利用できる環境であれば、場所を選ばずに異性とやり取りができます。パーティーや飲み会などに出向くことなく多くの異性と出会えるため、時間とお金を節約できます。

例えばスマホ一つあれば通勤時間や休憩時間といったスキマ時間に相手探しができるため、忙しい方におすすめの出会い方と言えます。

また合コンや飲み会など出会えるかどうかわからない場に、必要以上のお金や時間を使う必要がなくなる点も大きなメリットです。

時間とお金を節約できるため「効率的に理想のパートナーと出会いたい方」におすすめです。

コミュニティ外の人と出会える

マッチングアプリを利用することで、普段自身が属しているコミュニティ以外の方とも出会える可能性が高くなります。

スマホでやり取りするため、住んでいる場所や普段のコミュニティに関係なくさまざまな相手と出会えます。

また、マッチングアプリの登録者数は年々増加傾向にあります。登録者が多くなることで、さまざまな属性の方が増えて全く接点がない相手にも出会うチャンスが出てくるでしょう。

これらを考慮すると「普段の出会いが少なく出会いの幅を広げたい方」や「自身の環境下ではなかなか出会えない相手を求めている方」におすすめです。

目的に応じた相手を選べる

マッチングアプリを利用することで、自身の求めている理想像から相手を探すことも可能です。

マッチングアプリには趣味や価値観など条件で相手を絞り込める機能があります。これらを利用することで、やり取りをする前に条件に合う相手を見つけられるでしょう。

またサービスごとに「結婚を目的としている場合」や「恋人から始めたい場合」など同じ目的のユーザーが集まる傾向があります。

利用前にサービスが目的としている出会いを把握し、より具体的に自身が理想とする条件の中で、効率的に相手を探したい方におすすめです。

マッチングアプリのデメリット

マッチングアプリを利用する上でデメリットとなるのは、以下の点です。

下表では、マッチングアプリ以外の出会い方と比べて、どのような点がデメリットとなるのか比較しています。

 

マッチングアプリのデメリット表

ここからは、マッチングアプリのデメリットを詳しく見ていきましょう。

業者を見分ける必要がある

マッチングアプリには少数ではありますが業者も存在するため、自身で見分ける必要があります。

業者がいる理由として、入会時に判別が難しい点が挙げられます。業者は他サイトへの誘導や勧誘を目的として活動しているにも関わらず、巧妙に一般会員のように成りすましていることが多いです。

そのため、やり取りをする中で怪しいと感じたら自身で回避する必要があります。また知名度が低く人気のないアプリでは、アプリ内を盛り上げることで会員を増やそうとするサクラも存在する場合もあります。

業者やサクラを見分ける自信のない方には、マッチングアプリは向いていない可能性が高いです。

ライバルが多い

会員数が多かったり男女比のバランスが悪かったりするとライバルが多くなり、なかなかお目当ての異性とマッチングできない場合があります。

利用者が多い都市部に住んでいる場合は大きなデメリットとは言えませんが、地方のエリアに住んでいる場合はネックになるケースが多いです。

例えば、女性の登録者数が少ないことで少数の女性を取り合う形となってしまいます。

また、多くのアプリで男女比は1:1ではなく男性の会員数の方が多くなっている傾向があります。そのため、どうしてもマッチングしにくいユーザーがいることも現実です。

このような事情から、男性はライバルが多くなり必然的に競争率も高くなります。

なかなか出会えないとすぐ諦めてしまう方」や「根気強く積極的にアプローチができない人」にはマッチングアプリは向いていない可能性があります。

実際の印象は会ってみないとわからない

マッチングアプリでは、プロフィール写真やアプリ内のやり取りがどんなに良い印象だったとしても、実際に会うまで相手がどのような方かはわかりません。

なぜならメッセージでは考えながら文章を打つことができるため、いくらでも演技したり取り繕うことが可能だからです。

メッセージではとても丁寧で好印象だったのに実際に会ってみると言葉遣いが雑であったり、態度や受け答えが素っ気ないこともあります。

こういったことを回避するためにも何度もやり取りをしたり、電話に誘って話してみるなど実際に会った時とのギャップを減らすよう心がけることも大切です。

これらを考慮すると「メッセージや電話など複数回にわたるやり取りを面倒だと感じる方」や「すぐに会うことを目的とした方」には不向きと言えるでしょう。

マッチングアプリが合う人・合わない人

マッチングアプリが合う人合わない人の表

上記のメリット・デメリットを踏まえた上で、マッチングアプリの利用には合う人と合わない人がいます。

上表ではどのような方にマッチングアプリが合うのか具体的な利用シーンを想定してまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

自身の性格やスマホの利用頻度を考慮しながら上表の内容と照らし合わせ、マッチングアプリを利用すべきタイプであるのか判断してみてください。

マッチングアプリは目的や出会いたい相手により使い分けよう!

マッチングアプリ一覧表マッチングアプリは、自身が出会う目的や出会いたい相手によって使い分けることが大切です。

マッチングアプリごとに利用している会員の目的や年齢層が異なっているため、自身の属性に合ったサービスを利用する必要があります。

なぜならその方がより理想とする相手と出会える可能性が高くなるためです。例えば結婚を意識した出会いを考えている際に、年齢層が学生や20代中心の結婚から遠いサービスを利用しても効率が悪いです。

そこでここからは、以下の3つの目的に合ったおすすめのマッチングアプリを紹介していきます。

それぞれの目的に合った相手と出会える可能性が高いサービスについて、詳しく見ていきましょう。

恋活目的の場合

恋活が目的の場合は、以下のマッチングアプリがおすすめです。

それぞれの概要や特徴をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

アプリ名 Pairs Ravit タップル Omiai CROSS ME
目的 ・恋活
・婚活
・恋活
・婚活
・恋活
・遊び
・恋活
・婚活
・恋活
・遊び
会員数 1,000万人 非公開 600万人 600万人 75万人
年齢層 20代~30代前半 20代~30代 20代 20代~30代 20代~30代
男女比 7:3 4:6 6:4 6:4 6:4
男性料金 3,590円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
3,400円~月
※契約期間・支払い方法により変動
3,700円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
3,980円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
~4,200円/月
※契約期間により変動
女性料金 無料
※一部有料プランあり
無料 無料
※一部有料プランあり
無料 無料
※一部有料オプションあり
運営会社 株式会社エウレカ 株式会社キャンバス 株式会社タップル 株式会社ネットマーケティング 株式会社プレイモーション

婚活目的の場合

婚活が目的の場合、以下のマッチングアプリがおすすめです。

それぞれの概要や特徴をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

アプリ名 Match Ravit youbride マリッシュ ブライダルネット with ゼクシィ縁結び
目的 婚活 ・恋活
・婚活
婚活 ・恋活
・婚活
婚活 ・婚活
・恋活
婚活
会員数 250万人 非公開 200万人 非公開 30万人 320万人 110万人
年齢層 20代~40代 20代~30代 30代~40代 30代~50代 25代~30代 18~29歳 20代後半~30代後半
男女比 6:4 4:6 7:3 5.5:4.5 4.5:5.5 6:4 5:5
男性料金 ~4,490円/月
※契約期間・プランにより変動
3,400~円月
※契約期間・支払い方法により変動
2,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
3,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
~3,980円/月
※契約期間により変動
3,600円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
2,640円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
女性料金 ~4,490円/月
※契約期間・プランにより変動
無料 2,400円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
無料 ~3,980円/月
※契約期間により変動
無料
※一部有料オプションあり
2,640円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
運営会社 Match.com, L.L.C. 株式会社キャンバス 株式会社Diverse 株式会社マリッシュ 株式会社IBJ 株式会社イグニス 株式会社リクルートゼクシィなび

デーティング目的の場合

デーティングが目的の場合以下のアプリがおすすめです。

それぞれの概要や特徴をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

アプリ名 Dating Dine aocca Poiboy
目的 ・恋活
・遊び
・恋活
・婚活
・遊び
・遊び ・恋活
・遊び
会員数 不明 不明 40万人 130万人
年齢層 20代 20代-30代 20代~40代 20代~30代
男女比 5:5 6:4 7:3 5:5
男性料金 3,900円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
6,500円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
~3,800円/月
※契約期間により変動
~3,400円/月
※29歳以下の場合
~4,300円/月
※30歳以上の場合
女性料金 無料 6,500円~/月
※契約期間・支払い方法により変動
無料 無料
運営会社 Dating株式会社 株式会社Mrk&Co 株式会社aocca 会社Diverse

マッチングアプリに関するよくある質問

マッチングアプリの年齢層や男女比は?

マッチングアプリの年齢層や男女比は、サービスによっても異なります。

おおよその数字として、男女比はおよそ6:4で男性の方が多い傾向にあります。また、年齢層についてもアプリごとに違いはありますが、結婚適齢期といわれる年代や恋人を探している20代〜30代の方が多いです。

しかし男女比や年齢層はあくまで目安になるため、実際に登録してみて確認してみることをおすすめします。自身の利用目的や年齢に合ったサービスを利用するようにしましょう。

マッチングアプリを使っても世間体は大丈夫?

マッチングアプリを利用するにあたり、世間体は気にしなくても問題ありません。

以下の調査結果があるように、マッチングアプリの利用にネガティブな印象を持ってる方は少数です。

ネット上での出会いが普及することに対しての意見を伺いました。全体では「よいと思う」と回答した人が41.0%、「よくないと思う」と回答した人が8.7%となっており、よくないと思っている人の方が少数派であることがわかります。

上記以外調査でもマッチングサービスを利用した事がある、現在利用中であると答えた人の合計は実に57%となっています。

インターネットやスマホが当たり前となった今の時代、出会い方への世間の認識は変わってきていると言えます。そのため、そこまで世間体を気にする必要はないでしょう。

マッチングアプリの仕組みまとめ

まとめ

ここまでマッチングアプリの仕組みやメリット・デメリットを解説してきました。

以下で改めてマッチングアプリの概要についてまとめていきます。

マッチングアプリには恋活・婚活・デーティングと3種類の出会いを目的としたものがあります。

またマッチングアプリと出会い系では安全性の高さや料金制度の違い、遊び目的かそうでないかの真剣度の違いが挙げられます。

自身の目的に合わせたマッチングアプリについてさらに詳しく知りたい方は「マッチングアプリの種類まとめ!異性との出会いを目的としたアプリを5つに分けて紹介!」を参考にしてください。

  • ※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。
  • ※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。
  • ※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。
  • ※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。
  • ※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

関連記事