『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』が本日発売!

2019年04月12日 16:26

『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』が本日発売!

任天堂株式会社は、本日2019年4月12日発売の『Nintendo Labo』シリーズ第4弾となる『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』について発表を行いました。

 発表によると、『Nintendo Labo』シリーズの第4弾となる『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』が本日 2019年4月12日(金) に発売されました。『Nintendo Labo VRキット』は、ダンボールを組み立てて自分で作ってあそべるお手軽VRで、ダンボールとゲームソフトの両方が入ったキット(VRレンズも含む)となっています。『Nintendo Labo VRキット』には、VRゴーグル5種類の「Toy-Con」の合計6つの「Toy-Con」が含まれており、64個のちょっとしたゲームが体験できるモード「VRひろば」や、VRゲームを作ることのできる「Toy-ConガレージVR」、30以上のおためしVRムービーなどが収録されています。また、VRゴーグルとバズーカだけがセットになった『ちょびっと版』が用意されている他、『ちょびっと版』に含まれない「Toy-Con」が別売りで購入可能とのことです。なお、VRゴーグル使用の対象年齢は7歳以上となっています。その他にも、『スーパーマリオ オデッセイ』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』4月26日(金) からVRゴーグル対応となることがアナウンスされています。詳しい内容については、『Nintendo Labo』のホームページをご確認ください。

<以下、プレスリリースより抜粋>

本日発売!『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』10のまるわかりポイントまとめ

本日4月12日(金)発売となる『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』。

『Nintendo Labo』シリーズの第4弾となるキットではありますが、『Nintendo Labo』自体をあまりご存じでない方や「VRキットは他のLaboとどう違うの?」と思われている方も多いのではないかと思います。このトピックスでは、10個のポイントに絞ってVRキットをご紹介しようと思います。

その1:Nintendo Laboはダンボールとゲームソフトのセットです!

『Nintendo Labo』のキットは、ダンボールだけでも、ゲームソフトだけでもありません。ダンボールとゲームソフトの両方が入って『Nintendo Labo』なのです。

今回のVRキットですと、ダンボール以外に、VRゴーグルのレンズなども入っていますね。

キットの組み立てには、ハサミやのりなども必要なく、Nintendo Switch本体さえお持ちであれば、VRゲームをお楽しみいただけます。

その2:「つくる」は6歳から、VRで「あそぶ」のは7歳から!

キットを「つくる」のは、親と一緒なら6歳から、個人差もありますが10歳くらいからはひとりでつくることができます。また、「あそぶ」は全年齢対象ですが、VRゴーグルを使用するのは7歳以上からを推奨しています。

その3:VRキットに含まれるToy-Conはこの6つ!

自分でつくるダンボール製のコントローラー「Toy-Con」。『Nintendo Labo VRキット』には、VRゴーグルと5種類のToy-Con、合計6つのToy-Conが収録されています。

各Toy-Conのくわしい遊び方は『Nintendo Labo』のホームページや、こちらの紹介映像でご確認ください。





VRキットには、VRゴーグルとバズーカだけがセットになった『ちょびっと版』もありますので、少しだけ触ってみたいという方は、こちらから始めてみてはいかがでしょうか?

VRキット

ちょびっと版

『ちょびっと版』に含まれないToy-Conは、別売りで購入いただくこともできます。

追加Toy-Con カメラ&ゾウ

追加Toy-Con トリ&風

その4:VRゴーグルだけで遊べるゲームや対戦ゲームなど64個のミニゲームも収録!

64個のちょっとしたゲームが体験できる「VRひろば」というモードも収録されています。

各Toy-Conを使ったものから、中にはVRゴーグルだけあれば遊べるものや、Joy-Conをおすそわけして2人で遊ぶものまで、さまざまなジャンルのゲームが楽しめます。

お手軽ゲームを64種類収録

ゴールキーパーになるゲーム

2人で対戦するゲーム

重力をあやつる

その5:自分でVRゲームをつくることもできる!

これまでのシリーズにも収録されていた「Toy-Conガレージ」がVRゲームを作ることのできる「Toy-ConガレージVR」にパワーアップ。

「何を」「どうする」という命令を直感的につなげるだけで簡単に自分だけのゲームを作ることができます。

その4で紹介した「VRひろば」のゲームも、この「Toy-ConガレージVR」で作ったものなので、ちょっとカスタマイズして自分なりのゲームに改造することもできちゃいます。

その6:じつはこんなToy-Conも入っています!

その3で紹介した6つのメインToy-Con以外に操作や遊びをサポートする「サブToy-Con」も少し入っています。

かざぐるまToy-Con

息を吹きかけて操作できるToy-Con。VRゴーグルToy-ConやトリToy-Conと合体して使用します。フルパッケージ・「ちょびっと版」両方に収録されています。

シュノーケルToy-Con

モーションIRカメラで見ることで認識することのできるシュノーケル。カメラToy-Conの前で使用すれば、自分と同じ動きをする魚が登場します。

カメラToy-Conが収録されているパッケージに収録されています。

その7:ちょっぴり不思議なおためしVRムービーを収録!

まるで自分が何かをしているような不思議な感覚になる映像や、水族館の中に入ってしまったような映像、クイズや手品みたいな映像など、VRゴーグルだけでも楽しめる、30以上のおためしVRムービーが収録しています。

ちなみに、水族館の映像は任天堂本社近くにある京都水族館さんで撮影されたものらしいですよ。

シカにエサやり体験

公園でシャボン玉

水槽の中に入れる?

くす玉を割ると・・・?

その8:マリオにゼルダ!対応タイトルでもVR体験

『スーパーマリオ オデッセイ』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』といったNintendo SwitchタイトルがVRゴーグル4月26日(金)から対応。

いつもとちょっと違った体験をVRゴーグルでお楽しみいただけます。





その9:ダンボールで大丈夫?もしもの場合に修理もできる!

「ダンボールだから強度に不安」という方も多いと思いますが、任天堂ではさまざまな強度テストを行っていますので、ちょっとやそっとの使い方では心配ありません。それでも、もし壊れてしまった場合はゲームの中で修理についての説明があったり、ダンボールシートの個別販売なども行っていますので安心してご体験いただけます。

その10:片づければこんなにコンパクト!おかたづけボックスも販売中

ご説明してきた通り、『Nintendo Labo VRキット』は、6種類のToy-Conに加え、サブToy-Conも収録されている盛りだくさんのキットになります。

これらを収納するのにピッタリな、「おかたづけボックス(485mm x 360 mm x 355mm )」もマイニンテンドーストアで発売中です。

収納するための動画も公開していますので、ご参考にしてください。





『Nintendo Labo VRキット』を、ぜひお楽しみください!

©2018 Nintendo


関連リンク

『Nintendo Labo』公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/labo/


関連ゲームニュース

新着ゲームニュース