『百鬼城公儀隠密録』Nintendo Switch、PS4で8/30に配信決定!

2018年08月10日 15:05

『百鬼城公儀隠密録』Nintendo Switch、PS4で8/30に配信決定!

株式会社ハピネットは2018年8月10日、リアルタイム3DダンジョンRPG『百鬼城公儀隠密録』を8月30日にNintendo Switch、PlayStation4で配信開始すると発表を行いました。

 発表によると、ハピネットのダウンロード専用ソフト『百鬼城公儀隠密録』が、 2018年8月30日(木) にNintendo Switch/PlayStation 4で全世界配信されることが決定しました。『百鬼城公儀隠密録』は、「緊迫感溢れるリアルタイムダンジョン」×「江戸日本の妖怪伝承」が特徴のリアルタイム3DダンジョンRPGとなっており、プレイヤーは人間、鬼、天狗、猫又の4種族からパーティ(公儀隠密衆)をつくり、怪奇と謎に包まれた妖怪城を攻略するゲームとなっています。価格は、 1500円(税込) とのことです。また、PC版について今後配信が予定されていることもあわせて発表が行われています。最新情報は、『百鬼城公儀隠密録』公式サイトや公式Twitterアカウントにてご確認ください。

<以下、プレスリリースより抜粋>

■百鬼城における妖怪

大骸骨(がしゃどくろ)や、女性の顔と手首だけの妖怪など、日本古来の文献に登場する”妖怪”を再現。
不気味で恐ろしいモンスターとして多数登場し、公儀隠密達(プレイヤー)を待ち構えます。
一定階層ごとに強力なボスが出現する城を上りつめ、城主の待つ天守閣を目指せ!

■公儀隠密部隊

プレイヤーは種族と職業を選択し、4人のパーティで公儀隠密部隊を組みます。
種族によりステータスに違いが生まれ、職業によって覚えられるスキルが異なります。
自分だけの組み合わせで公儀隠密部隊を結成せよ!

■リアルタイムダンジョンRPGとは

グリッド(方眼)型のフロア構造の中で移動や戦闘などをアクションゲームのように操作し、
一部を除き常にリアルタイムで時が経過します。
「戦闘においても敵はこちらの攻撃を待ってはくれない」
敵の攻撃を避けつつ、攻撃をするといった瞬時の判断で戦うことになります。

■常に死と隣り合わせの「妖怪城」

プレイヤーである公儀隠密たちが潜入する百鬼城には、手ごわい妖怪や恐ろしい罠が待ち構えます。
慎重に行動しなければ1つのミスで命を落とすことも。
更に城内で手に入る食料を食べなければ、空腹でステータスが下がるサバイバル。
「この城には宿屋はない。食べて寝て妖怪を倒して城を探索せよ」

■2パーティシステム

徳川家宝「以心の御札」による、パーティ分割システム。
プレイヤーの自由なタイミングで、パーティを2つに分割(ゲーム画面も分割)
必要に応じて二手に分かれ、部屋のしかけを攻略しよう。
操作していない方のパーティは御札の呪いで一時的に石化し、防御力が上昇。
石化した高耐久パーティを囮にし、もう一方のパーティを操作して敵の後ろに回りこめば、背面攻撃による特大ダメージを与えることができます。
また、前面からの攻撃は効かず、背面からの攻撃でしかダメージを与えられない敵も現れるため、2パーティシステムの活用が重要となります。

■公式サイト・トレーラー、百鬼城公儀隠密録公式Twitter公開!

[公式サイト] http://haunted-dungeons.happinet-games.com
[トレーラー] https://youtu.be/8hsGFDN9yg8
[Twitter]    https://twitter.com/Haunted_Dungeon

■百鬼城公儀隠密録について

Steamにて発売した「Hyakki Castle」にユーザーの皆様から頂いたフィードバックを元に城内のマップや仕掛け・妖怪との戦闘など大幅な改修を加え、パワーアップした作品となっております。
また、今後PC版での配信も予定しております。





関連ゲームニュース

新着ゲームニュース