『プロジェクト・エコーズ』童話を舞台とした新作RPGの事前登録がスタート!

2018年08月09日 12:29

『プロジェクト・エコーズ』童話を舞台とした新作RPGの事前登録がスタート!

株式会社スクウェア・エニックスは、童話を舞台とした新作RPGプロジェクト『プロジェクト・エコーズ』を2018年8月8日に発表し公式ティザーサイトを公開しました。

 発表によると、スクウェア・エニックスによる童話を舞台とした新作RPGプロジェクト『Project-Echoes(プロジェクト・エコーズ)』が始動し、 2018年8月8日(水) より公式ティザーサイトが公開され、iPhone/Android向けに事前登録の受付が開始されました。また、第一弾プロモーションムービーや、公式Twitterアカウントも同日より公開されています。公式Twitterでは、ゲーム内でキーとなるキャラクターたちのプロフィールやデザイン画などが掲載されているプロジェクトエコーズの設定資料集が「コミックマーケット94」にて無料配布されることがアナウンスされています。なお、『プロジェクト・エコーズ』はコードネームとなっており、正式タイトルについては後日発表が行われる予定とのことです。

<以下、プレスリリースより抜粋>

童話を舞台とした新作RPGプロジェクト『プロジェクト・エコーズ』を本日2018年8月8日(水)に発表しました!
本日より公式ティザーサイト、第一弾プロモーションムービー、公式Twitterアカウントを公開し、事前登録の受付をスタートしました。最新情報は公式Twitterアカウントで随時公開していく予定となっています。本作品の続報については今後の発表に、ご期待ください。
※『プロジェクト・エコーズ』はプロジェクトコードネームです。

第一弾プロモーションムービー





キャラクター

世界観

ひとにはみな、生まれたときより 定められた運命がある。
ある者は無辜の民として… そしてある者は可憐なる王妃として…
授かった運命から、ひとは決して逃れることができない。
もしも、その運命に抗い、別の運命を望もうとすれば…
ひとは大いなる罰を、受けることになる。

僕らの過ちは、世界のシステムに気づいたことではなかった
世界から与えられた罰は世界からの拒絶
運命を受け入れられなかった僕たちは残された自分の人生を拒絶した
そう、それが僕らが犯した“罪”だった

罪深き死者を誘う贖罪の場は管理者たちの墓場
管理者により選ばれた罪人は”図書館”へたどり着く
そこは、救済ではなく贖罪の場 そこは、無限の中に作られた有限の記憶
与えられた運命を拒絶した僕らは新たな役目を与えられる
そのことに僕らは気づくことができなかった

「これは、忘れられた1ページに、確かに存在した物語」

ティザーサイト

本日より、ティザーサイトにて事前登録受付がスタートしました。

『プロジェクト・エコーズ』ティザーサイト
https://www.jp.square-enix.com/project-echoes/

公式Twitterアカウント

『プロジェクト・エコーズ』公式Twitter
https://twitter.com/Project_Echoes

ハッシュタグ:#プロジェクトエコーズ

© 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


新着ゲームニュース