「サクラ大戦~百花繚乱夢物語~」 3/10よりAmebaにて正式サービス開始!記念のキャンペーン実施中!

2015年03月11日 11:00

「サクラ大戦~百花繚乱夢物語~」 3/10よりAmebaにて正式サービス開始!記念のキャンペーン実施中!

さくらソフトとレッド・エンタテインメントは3月10日、「Ameba(アメーバ)」においてソーシャルゲーム「サクラ大戦~百花繚乱夢物語~」の正式サービスを開始したことを発表しました。

「サクラ大戦~百花繚乱夢物語~」は、シリーズの歴代キャラクターが登場し、本篇では描かれる
ことの無かった世界を中心とするこれまでにない全く新しいストーリーを楽しめる”サクラ大戦”
になっているとのことです。

また、正式サービスの開始を記念して、レアカードなどゲーム内で使用可能なアイテムをゲット
することができる「友達招待キャンペーン」も実施されています。

<以下、プレスリリースより抜粋>

【ゲーム概要】

あの往年の名作「サクラ大戦」がソーシャルゲーム「サクラ大戦~百花繚乱夢物語~」となって帰ってきました!!

サクラ大戦オールスター

サクラ大戦全シリーズからキャラクターが集結!新旧ファン問わず楽しむことができます!

オリジナルキャラクター/シナリオ

帝国華撃団・夢組を舞台に 原作ゲームを生み出したセガ、レッド・エンタテインメント監修によるオリジナルストーリーが展開!さらに、【夢組】隊員となるオリジナルキャラクターが登場し、あのサクラ大戦の世界に新たな幕が今上がります!

「サクラ大戦~百花繚乱夢物語~」紹介サイト

http://www.sakurasoft.co.jp/sakura_wars/

本編では語られることのなかった全く新しいストーリー

帝都では、「霊死病」という、人の心に魔が憑りつき、死に至らしめる事件が頻発していた。主人公(ユーザー)は、霊死病事件を解決するため「帝国華撃団・夢組」の隊長となり、真宮寺さくらなど花組の隊員とともに「新型霊子甲冑・霊武」に搭乗して、降魔に憑りつかれた人々の「深層世界」に入りこむことになった。

ゲーム画面


サクラ大戦とは

『サクラ大戦』は、原作:広井王子、脚本:あかほりさとる、キャラクターデザイン:藤島康介、音楽:田中公平という各界を代表するクリエイターたちが手を結び、セガサターン用ゲームソフトとして1996年9月27日にされ、セガサターンオリジナルタイトルとして最高のセールスを記録した作品である。

プレイ後のユーザー評価に基づく人気投票で決定される「1997年CESA大賞グランプリ」「1997年ゲーム・オブ・ザ・イヤー準グランプリ」を受賞し、国内外問わず、多くのユーザーから強い支持を得続けている。

関連ゲームニュース

新着ゲームニュース