『ARMS』 Ver.1.1.0アップデートで闘技場モード&LANプレイが追加!

2017年06月28日 12:33

『ARMS』 Ver.1.1.0アップデートで闘技場モード&LANプレイが追加!

任天堂株式会社は、Nintendo Switch向け格闘スポーツゲーム『ARMS(アームズ)』において2017年6月26日にVer. 1.1.0アップデートを実施し2つの新機能を追加したことを発表しました。

 発表によると、Nintendo Switch向け格闘スポーツゲーム『ARMS(アームズ)』2017年6月26日(月)Ver. 1.1.0にアップデートされ、2つの新機能が追加されました。追加された1つ目の新機能は、タイマンバトル専用の通信対戦モード「闘技場モード」で、同モードでは、2本先取のタイマンバトルのみで戦うロビーが作れる他、観戦時には各プレイヤーの背面からの視点や、自動でカメラが動く移動視点を含む4つの視点の切り替えが行えるとのことです。2つ目の新機能は、Nintendo Switch同士で遊ぶモード「LAN プレイ」で、通信の安定性を極めたい方にオススメな有線通信が可能となっています。なお、「闘技場モード」は、「フレンド」「ローカル通信」に加え、この「LAN プレイ」で楽しめます。詳しい内容については、公式サイトなどをご確認ください。

<以下、プレスリリースより抜粋>

闘技場モード追加!『ARMS』Ver. 1.1.0 アップデートのお知らせ

バネバネ!みなさんこんにちは!アナタのコブッシーです!
突然ですが、本日から、ARMSがVer. 1.1.0にアップデートされました!
今回追加された、ふたつの新機能をご紹介します!

■新機能その1:闘技場モード

ひとつめは、タイマンバトル専用の通信対戦モード、「闘技場モード」!「フレンド」、「ローカル通信」、そして後ほどご紹介する「LAN プレイ」でお楽しみいただける、新しいモードです!

「闘技場モード」では、2本先取のタイマンバトルのみで戦うロビーが作れます。ロビーに入れるのは4人まで。出現するステージに制限をかけることもできます。リボンリング縛り、なんてことも、思いのまま!戦っていないプレイヤーは、2人の試合の模様を観戦できます。

観戦時には、2分割画面、各プレイヤーの背面からの視点がひとつずつ、そして、自動でカメラが動く移動視点の、合わせて4つの視点を切り替えられます。ライバルの戦いぶりを色んな角度からジットリとチェックできますよ!闘技場モードは、Nintendo Switchを持ち寄って大会を開くときなんかにも、便利かもしれませんね!

■新機能その2:LAN プレイ

そしてもうひとつの新機能が、「LAN プレイ」!
LAN(ローカルエリアネットワーク)で接続されたNintendo Switch同士で遊ぶモードです!メリットは、有線通信ができること。通信の安定性を極めたい方に、おススメです。

※LAN プレイについて、詳しくはこちらをご覧ください。
https://support.nintendo.co.jp/app/answers/detail/a_id/34565/related/1

メニュー画面で、Lスティックを押し込みながら、LボタンとRボタンを押すと、メニューが「ローカル通信」から「LAN プレイ」に変わります!
なんだか隠しコマンドみたいでカッコいいですよね!

LAN プレイでは、様々なルールを入れ替えながら戦う「パーティモード」(最大8台まで)と、先ほどご紹介した「闘技場モード」(最大4台まで)が遊べます。

以上がVer. 1.1.0の新機能です。
自分のソフトがアップデートされているかどうか気になるアナタは、タイトル画面左下をチェック!可憐なバージョン表記が出ていたら、アップデートされているしるしです!

新たな対戦モードで、日々のファイトもいっそう盛り上がること請け合い!ですね。
それでは、また会う日まで、バ~ネ~!

© 2017 Nintendo


関連リンク

『ARMS』公式サイト
https://www.nintendo.co.jp/switch/aabqa/index.html

『ARMS』公式Twitterアカウント
https://twitter.com/ARMS_Cobutter

関連ゲームニュース

新着ゲームニュース