『スター・ウォーズ:フォース・アリーナ』新キャラクター4種&リプレイ機能を追加!

2017年04月10日 15:20

『スター・ウォーズ:フォース・アリーナ』新キャラクター4種&リプレイ機能を追加!

ネットマーブルジャパン株式会社は2017年4月10日、モバイルリアルタイム対戦ゲーム『スター・ウォーズ:フォース・アリーナ(STAR WARS TM :Force Arena)』において、新規キャラクター4種やリプレイ機能などを追加するアップデートを実施したことを発表しました。

 発表によると、モバイルリアルタイム対戦ゲーム『スター・ウォーズ:フォース・アリーナ(STAR WARS TM :Force Arena)』においてアップデートが実施され、昨年 2016年 に劇場公開された「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場する4種のキャラクターケレディアン・パルチザン反乱軍工作兵TX-225アサルト・タンクデス・トルーパーが新たにゲーム内に登場します。また、リプレイ機能の実装や、ギルドメンバー同士でキャラクターカードをやりとりする機能、勝敗にこだわらずプレイできる2:2フェアモードの導入なども行われているとのことです。ゲームに関する詳細については、公式ホームページをご確認ください。

<以下、プレスリリースより抜粋>

 今回のアップデートでは、昨年劇場公開された「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One TM: A Star Wars TM Story)」に登場するキャラクター、ケレディアン・パルチザン、反乱軍工作兵、TX-225アサルト・タンク、デス・トルーパーがゲーム内に登場します。特に、映画内でオーソン・クレニックに仕えていた全身黒ずくめの機動歩兵「デス・トルーパー」は、映画を観たファン達の間で大変人気のあるキャラクターであり、ゲーム内でも大いに活躍することが期待できます。

 ギルドにも特別な機能を追加いたしました。ギルドメンバー同士でキャラクターカードをやりとりすることが可能になり、欲しいカードのリクエストを出したり、それに対して応えたりすることができるようになりました。また、ギルドメンバー同士で協力してプレイするミッションが追加され、その報酬として協力ミッションパックが獲得できるようになりました。

 また、既存の2:2モードに対し、全てのユーザーが公正にプレイできるよう、2:2フェアモードを導入しました。1:1ランク戦では既存と同様にレーティングポイントによってランクが決まりますが、2:2フェアモードではレーティングポイント変動がなく、勝利時にクレジットやカードパックといった報酬を獲得できます。なお、2:2フェアモードでは各ユーザーに同じランクのデッキが与えられるため、負担のないプレイが可能です。

 さらに、今回実装されたリプレイ機能を使えばユーザーは名勝負TOP20や自分の試合を視聴できます。名勝負TOP20は4時間毎にアップデートされ、リーダー撃退数、隊員撃退数、施設破壊数、逆転などの要素がポイント化されて、それを基準に順位が決まります。自分の試合に関しては、プレイしてから3日以内の全ての試合を戦闘記録と共に視聴可能です。

 「スター・ウォーズ:フォース・アリーナ(STAR WARS TM: Force Arena)」は、スター・ウォーズの世界観を再現した作品で、80種類以上のキャラクターやユニットのカードで構成されています。リリースと同時に提供されるキャラクターリストには、最近公開された「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(Rogue One TM: A STAR WARS TM Story)」のキャラクター達も含まれています。今後行われるアップデートを通じてレベル、キャラクター、ユニット等新しいコンテンツを公開する予定です。

 「スター・ウォーズ:フォース・アリーナ(STAR WARS TM: Force Arena)」に関する詳細は公式ホームページ(www.starwarsforcearena.com)からご確認頂けます。

・ストアURL
【App Store】
https://itunes.apple.com/jp/app/id1088764761
【Google Play】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.netmarble.starwars

・公式サイト
http://www.starwarsforcearena.com/ja





◆Netmarble Games Corporationについて◆

 ネットマーブルゲームズは、世界中の人々に楽しく良質なゲームを提供しております。現在、アジアで急成長しているモバイルゲーム会社の一つであり、全世界を代表する開発社兼パブリッシャーです。2000年に韓国で設立されて以来、3,500人を超える従業員と共にLineage2 Revolution、スター・ウォーズ:フォース・アリーナ(STAR WARS TM: Force Arena)、マーベル・フューチャーファイト(MARVEL Future Fight)、セブンナイツ(Seven Knights)、ゲットリッチ等の良質なモバイルゲームをリリース、サービスしてきました。グローバルカジュアルゲームの開発社Jam Cityの最大株主であり、グローバルMMORPGゲームの開発社Kabamの親会社でもあるネットマーブルゲームズは、アジア最大のエンターテイメント企業CJ E&M、アジア最大のインターネット企業Tencent Holdings、MMOで有名な企業NCsoftと戦略的パートナーシップを締結し、協力し合ってきました。ネットマーブルゲームズに関する詳しい情報は、www.netmarble.comをご覧ください。
 日本国内では、ネットマーブルゲームズの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。詳しい情報は、http://www.netmarble.co.jp/をご覧ください。

◆ルーカスフィルム(Lucasfilm Ltd.)について◆

 ルーカスフィルム(Lucasfilm Ltd.)はウォルト・ディズニー・カンパニーの子会社で、世界中の映画、テレビ、デジタルエンターテイメントを先導する企業です。動画やテレビ番組の制作だけではなく、特殊効果、音響録音や編集、最先端デジタルアニメーション、インタラクティブゲームソフトウェアの製作やスター・ウォーズやインディ・ジョーンズ シリーズなどのグローバル商品の事業も管理しています。ルーカスフィルム(Lucasfilm Ltd.)の本社はカリフォルニアにあります。

(C) Netmarble Games Corp. All rights reserved.
(C) & TM Lucasfilm Ltd. All rights reserved

新着ゲームニュース